LCCを使って国内旅行をする際の注意点

旅行の運賃をできるだけ安く済ませたいという人にとってLCCの格安チケットはとても魅力的なものです。けれども利用する際にはいくつか注意しなければならない点があります。もしうっかり間違えると思わぬ出費に驚いてしまうかもしれません。事前に確認しておくようにしましょう。

時間厳守! チェックインはオンラインで済ませた方がいい

格安航空はコストを削減し、できるだけ利益を上げるための工夫をしています。機材の回転率を上げるため、空港にとどまっている時間も大手に比べて短く設定されています。たとえお客さんが乗り切っていなくても、定刻になればゲートを閉めてしまうというところが大半です。

大手の航空会社よりも格安航空券を利用する際には時間厳守を意識しなければなりません。多くの格安航空会社では時間短縮のためオンラインでチェックインができるシステムも整えています。利用してできるだけスムーズに飛行機に乗れるようにしましょう。

荷物の重さはあらかじめ確認しておく

1gでも決められた荷物の量オーバーしたら追加料金を支払わなければなりません。荷物の重さはあらかじめ自宅などで確認してから空港にいくようにしましょう。思わぬ出費に驚かされることのないように注意しなければなりません。

体重計に荷物を持ったまま乗り、その数字から自分の体重を引くことで荷物そのものの重さを測ることができます。

格安航空券を買った際にどれくらいの重さまで、また、いくつまで荷物を持ち込めるのかチェックしておきましょう。

飲み物の持ち込みには要注意

多くのLCCではコスト削減のために飲み物が有料であることがあります。また持ち込みに制限を設けている会社もあります。格安航空での国内旅行の際には特に飲み物のことに注意しなければなりません。

持ち込みに制限があるかどうか確認しましょう。飛行機の中、あるいは空港の中で購入する場合、値段が通常よりも1.5倍もすることがあります。節約を意識するのであれば多少の我慢が必要かもしれません。

国内線LCCには子供料金がないことも

多くの国内線の格安航空券は子供料金が設定されていません。満2歳を超えたら大人と同じ金額を払わなければならないというところも多いようです。膝に乗せる乳幼児であっても、運賃がかかる場合があります。

旅行の運賃を安く抑えるのに便利なLCCですが、注意しなければならない点がいくつかあります。しっかりと意識していれば大丈夫なので、気をつけるようにしましょう。