購入にまつわるトラブル対処法

格安航空券を買う時にインターネットを利用したことがある方、または利用する予定の方は多いと思います。
インターネットで格安航空券買う人が増えるのに比例して、トラブルも多くなってきています。
トラブルに巻き込まれないための対処法を照会していきたいと思います。

どんなトラブルがあるのか

さて、インターネットで格安航空券を買う際にどんなトラブルが多いのでしょうか。
一番多いのは「代金を支払ったにも関わらず航空券の予約番号が送られて来ない」というものです。
おかしいと思って直接航空会社に問い合わせをしても予約はされておらず、その上支払った料金は戻ってきません。
他には「キャンセル料が戻らない」といったものもあります。


航空券業者の見極め方

上記のようなトラブルに合わないためにも航空券を買う業者をしっかり見極めたいものです。
絶対ということはありませんが、明らかに悪質な業者を見破るポイントはあります。
まずは「旅行業免許」「古物商許可証」が表記されているかを確認しましょう。
そもそも航空券などの旅行関連のものを扱う場合は「旅行業免許」がなければ扱えません。
さらに航空会社からではなく、第三者が持っていた航空券を扱うのに「古物商許可証」は必須です。
なのでサイトにこの二つの表記があることが大前提となってきます。
格安航空券については、コチラのサイトも(http://www.gizmodo.jp/2016/06/how-can-budget-airlines-be-so-cheap-to-fly.html)ご覧ください。

業者が倒産してしまう場合もある

悪質な業者でなくても、購入後に倒産してしまうということもないではありません。
そんな時のために保険金制度などもあるので、購入の際は保険金制度についてもあらかじめ確認しておきましょう。

トラブルを避けるコツ、それは・・・

その他にも単純に迷惑メールの設定の兼ね合いでメールが受信できていなかったということもあります。
免許の表記もそうですが、ちょっとしたことでトラブルは避けられます。
なのでトラブルを避けるコツは、めんどくさがらずにちょっとしたこに気をつけるということです。
トラブルさえなければ楽しい旅行があなたを待っています!